複素関数のグラフ

作成者:
blue_rits
f(z1)= の後で z1 を変数とする複素関数を定義する.z2=f(z1) により, 複素数平面において,z1 を原点を通る直線(緑色)によって動かした 際の,z2=f(z1) の軌跡が紫の曲線で表示される. ダウンロードしたものを開くことで,3Dグラフィックの表示や,それを平面で 切り取ったものの様子も得られる.