接線から原始関数を求める

作成者:
Bunryu Kamimura
ある関数の接線の傾きの変化が導関数でした。 原始関数→導関数 では、逆を求めること(その原始関数を求めること)はどうしたらできるのでしょうか。 導関数→原始関数 ポイントはやはり接線の傾き。 点Hが原始関数のの値です。
点Aは原始関数の傾きですから、それを図で表します。 →FBを1に設定してAと結ぶと傾きが図で示せます。 →原始関数はこの傾きを持った接線です。 →その接線とx軸の交点の座標は、接線の性質からわかります。 →その点と平行になるように引いた線が原始関数の接線です。